2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

検索

カテゴリー

トピックス

特許事務所と休暇

 連日暑い日が続きますねー。本日も晴天です。弊所がある名古屋市では、本日の最高気温は39℃の予想です。こんな暑い日は、涼しい事務所で仕事をするのが一番です。
 
 さて、8月8日~8月16日の期間は、夏季休暇が設定されている企業が多くあると思います。
弊所では、7月~9月の3か月間に3日間、有給休暇とは別に夏季休暇を取得することができます。夏季休暇の3日間は、連続していても連続していなくても構いません。また、夏季休暇の取得は、有給休暇のように上司への申請形式ではなく、所員がスケジュール共有のシステムに夏季休暇の日程を登録し、かつ、紙で打ち出されたカレンダー的な用紙に夏季休暇の日程を記入するという方法で行っています。なぜこのような取得方法になったのかは不明ですが、気軽に申請しやすくするためだと私は思っています。
 8割ぐらいの所員は、8月8日~8月16日の期間中に夏季休暇を1日以上取得していますが、上記期間以外にも夏季休暇を取得する所員はわりといます。
 
 私はというと、入所してしばらくは、実家に帰省するためにお盆の期間に夏季休暇を取得した記憶はありますが、最近は、8月8日~8月16日の期間は、わりと静かな環境で仕事ができるため、別の期間に夏季休暇を取得する傾向にあります。実際、今年も上記期間に1日だけ夏季休暇を取得しましたが、あと2日は、9月にでも取得しようと思っています。
 
 特許事務所では、夏季休暇などの休暇を比較的取得しやすい環境にあります。これは、特許事務所の仕事はチームワークで行うよりかは個々で完結する内容が多いからだと感じます。一方、仕事として個々で完結する内容が多いということは、それだけ、一人一人の責任も大きいです。個々で完結する仕事内容を、やり甲斐と感じるか、負担であると感じるかは人それぞれですが、やり甲斐と感じる方は弊所の扉を叩いてみてはどうでしょうか。[ T.M ]

 

トピックス

投稿日:2020年08月17日